あいまさブログ

なりたて発信者の雑記

消費物の選択

こんにちは、iMasaです!

f:id:iMasa:20180511230906j:plain

 

 

ジャンクフードってなぜ急に食べたくなるのでしょう。

体に悪いってわかっているのに。

 

 

答えは単純『暴力的な美味しさ』を味わいたいから!!!

あの直接味覚に攻撃してくる美味しさはなんなのでしょう・・・

 

一口で美味しいっ!と言えるってとても幸せですし、思わせることってとても難しいことだと思うのです。

それを叶えてくれるのがジャンクフード!そりゃ人間がハマってしまいますよ!

 

 

 

一方で『上品な料理』って、一瞬で美味しいっ!てなるもの少なくありませんか?

あれ?わたしだけですかね・・・

 

 

わたしには高級な料理や上品な一品は、口の中に入れて目を閉じて、じっくりと咀嚼するとじわじわとその美味しさに気づき、堪能している間に口の中からなくなってしまっている・・・

 

そんなように時間をかけて美味しさを楽しむ料理だと認識しています。

 

 

 

ジャンクフードを上品な一品・・・どちらがお好きですか?と問われたらわたしは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その時の気分。

 

 

 

 

と答えるです。

そう。消耗品、消費物などはその時の気分で決めてしまうのが一番楽なのです。

 

なぜなら回転率が早いから。

その場その場で決めてしまうのが一番楽。気持ちもこもらないのですぐに使用して捨てること、消費、消化することができますし、そして次にそれを選ぶ時が楽しみになります。

その場に残らない、後々困らないものには選択する楽しみを感じる。

 

 

それって、すごく『ミニマリズム』じゃないですか?