あいまさブログ

なりたて発信者の雑記

本を捨てたことによって、自分がなぜ読書をするのかが見えてきた

f:id:iMasa:20180708221556j:plain

あいまさです!

 

 

ミニマリズムに目覚めてから

 

漫画や本を全部売りました。

 

以前から好んで利用している「漫画喫茶」に行けば、快適な環境で漫画が読めるしお腹が空いたらクリック一つで料理を運んできてもらえるし!

 

という理屈で、漫画を全部売ったことに関しては1ミリも後悔していないのです。

 

 

しかし本は後悔した。ええ、正直後悔しています。

 

ちょっと予想してたことと違った

いやですね、

 

本も図書館やブックカフェ行けばたくさん無料で読めるじゃーんって思ってたんです。

 

電子書籍も増えてきたし、AmazonKindle Unlimitedに加入すれば読み放題じゃん!って思ってたんです。

 

 

 

でも違ったんですよ。

 

まず図書館に自分の読みたい本が置いていない。人気がある本なら、必ずいつも『貸出中』になってしまっていて読みたいときに読めなかったんです。

 

ブックカフェに行ったり、Kindle Unlimitedに加入もしましたがここで問題が発生しました。

 

 

読みたいと思う本が置いてないんです。

 

 

本自体はたくさんあるんですけどね。。。

 

わたしが本を読む理由

そこまでいって気づいたんです。

 

 

 

わたしは自分に必要な知識を得るために、興味のあることを知るために本を選び、読書するのだと。

 

本を読むこと、読書することは胸をはって『趣味です。』ということが出来ます。

 

でも本だったらなんでもいいわけじゃなかったんです。

 

自分を成長させてくれそうな本

自分が興味を持てそうな本

読む価値があると思う本

 

そんな本を読むことが大好きなんでした。

 

なので後悔しました。

 

 

自分にとって価値のある、成長させてくれた、自分自身で選んで買った本を手放してしまったことを。。。

 

 

電子書籍は嫌いじゃない

電子書籍自体は嫌いではないんですよ。

 

手軽ですし、通勤時や仕事の休憩時間にパッと読めるので。

 

なので普通に活用はしますけど、自分が読みたいと思う本が少ないサービスに加入するのもなんだかもったいない気がするのでUnlimitedは抜けようかなと思います。

 

 

でも、このKindle Unlimitedサービスに加入してから、ブックカフェに行った時のモヤモヤ感などの正体がわかることが出来ました。

 

本が読めればいいわけではない、と。

自分で読みたいと思った本を読むことが好きなんだと。

 

だから、選択肢は無限にある方を選ぶべきなんです。

 

そして思い出したんですけど、そういえばわたしは本を読むことを「自己投資」だと思っているので、あんまり金額は気にしないんですよね。

きちんと自分に『知識』として残ってくれるので。必ず無駄にはならないので。

 

だから「本が安く読めるサービス」にはそんなに興味ないんですよ。ええ。

安くなくていいんですよ。うん

 

 

そういうことにしておきます笑

 

手放すことで気づくことが出来た

話を戻しますと、所持していた本を手放した理由は

 

他のサービスを使えば読めること

本棚などの場所が必要になること

 

なんですね。

でも『ミニマリズム』って

自分に本当に必要なものを見出すために、断捨離する

ってことなんです。

 

本、自分にとても必要だということがわかりました。

 

問題は保管方法

でもなぁぁぁぁ本棚も売っちゃったんですよねぇエェ_:(´ཀ`」 ∠):

 

と、今考えている本の保管方法なんですけど

 

 

ロフト付きの家に引っ越してロフトに本を置くってすれば

 

部屋を圧迫しないで済むのでは・・・!?

 

と、最近賃貸情報を漁っているあいまさでした♪( ´▽`)