あいまさブログ

なりたて発信者の雑記

『ミニマリズム』はきっかけの一つに過ぎないんじゃないかなって

f:id:iMasa:20180528204510j:plain

あいまさです!

 

 

ミニマリズムに感銘を受けてから半年が過ぎようとしています。

 

 

そして自分の中で少しずつ『ミニマリズム』とはなんぞや?という考え方が変わったり見えてきたりしてきました。

 

 

 

減らせばいいってもんじゃない

これはどこでも言われていることですよね。

何でもかんでも捨てればいいってもんじゃないんですよ。

 

確かに部屋にモノが少なくなるのは気持ちがいいですし、一つのことに集中できるというか雑念が減るんですよね。

思考がごちゃごちゃしない。

 

でもわたしもその『捨てる』という作業自体に取り憑かれてしまっていた時期もありました。

 

捨てたモノを後悔することもありました。

 

短絡的に考えて捨てるんじゃなくて、もっと長期的に考えて選ぶべきだったと痛感しています。

 

減らしたその先を考える

なんのために減らすのか?

私の場合は雑念が多かったから。

もっとしっかりしたかったから。

 

その願いは確かに叶いつつあります。

 

しかしその目的が表面的すぎた。

 

もっと具体的にプランを考えてからじゃないと、断捨離後に「何から始めようかな」となってしまいます。

 

これではせっかくモノから取り戻すことができた『時間』を無駄遣いしてしまいます。

 

時間は貯蓄できない。

だから効率よく使っていくしかないんです。

 

断捨離を考えている方は『その後』の行動についてしっかりと考えてから行うようにした方が良いかと思います。

 

 

減らして何もしないでは意味がない

わたしはモノから取り戻したエネルギーを使って「ブログ」を始めました。

 

おそらく今までの自分では考えられないような行動だったことでしょう。大きな前進でした。

 

そして今お金についても勉強し、少額からですが『投資』も始めてみようとしています。

 

今までなんとなく思っていたことが、こうして現実に行動できるようになった自分を誇りに思うし、これは紛れもなく『ミニマリズム』のおかげです。

 

 

でもふと「ゲームして何もせずにグダグダしていたい」という欲が出てくることもあります。

わたしはまだその欲から逃れることができていますが、きっと『ブログ』や『投資』がなかったら、また以前のような生活に戻ってしまっていたかも知れません。

 

 

「『断捨離』して空間とモノの管理費と時間に余裕が生まれたぞ!このお金で新しいゲーム買って毎日ゲームざんまいだ!!!」

これでは『断捨離』した意味がないのです。

 

 

 

ミニマリズム』はきっかけに過ぎない

結局『ミニマリズム』というのは自分の中で何かを変えるための『きっかけ』に過ぎないのだと思います。

 

数ある手段のうちの1つに過ぎない。

 

たまたまこの手段を見つけて実践してみたところ、思いもよらぬ効果が生まれた。

 

 

大事なのは変わった『後』

 

いつまでもその場に、その思考だけに留まり続けずに

 

前に向かって歩き続けることが、大切なんだと感じました。