あいまさブログ

なりたて発信者の雑記

卵は1日1個まで!おいしいからといって何個も食べると危ないです!

f:id:iMasa:20180730214641j:plain

あいまさです!

 

 

 

昔から「卵は1日1個まで」と言われていましたが、

 

 

最近では「卵は健康にいいから1日2〜3個食べても良い」みたいな情報があちこちに出回っているみたいです。

 

 

「1日1個説」では、

食事中のコレステロールの摂取量が多いと血液中のコレステロールも高くなると考えられていたため、食事中のコレステロール制限するためには卵は食べ過ぎないようにするべき

だと言われていたんですね。

 

 

でも最近の研究で、食事中のコレステロールの量と血液中のコレステロールの値の間にはあまり関係がなかったことが明らかになりました。

 

だから

コレステロール値関係ないのに制限とかバカじゃん?卵おいしいからたくさん食べようよ!」

的な結果になったわけですね。

 

 

 

 

ですがここで注意が必要です。なぜなら

 

「食事中のコレステロール値と、血中コレステロール値の間にはあまり関係がない」

ことと

コレステロールを多く含む食事をしても健康に悪影響がない」

ことは

 

全く別問題であるからです。

 

 

確かに卵を食べても血中コレステロール値は上がらないかもしれません。

 

ですが、卵の摂取量が多い人ほど糖尿病や心不全のリスクが高く、糖尿病患者については心筋梗塞脳梗塞などの病気のリスクが高いことが、メタ研究により多数報告されているのです。

 

 

卵はあまり食べない方が良くて、食べるとしても

1週間に6〜7個に抑えることが健康にとってベスト。

 

 

つまり「卵は1日1個」説の方が科学的根拠エビデンスが強い』というわけです。

 

 

卵は栄養の宝庫とも言われていますが、取りすぎは良くないということですね。