あいまさブログ

なりたて発信者の雑記

『そしゃく』は意識的にできる唯一の消化行動!よく噛んで食べましょう♪

f:id:iMasa:20180809193516j:plain

あいまさです!

 

 

 

高齢者の健康維持のために、自分の歯で噛んで食べるということが推奨されています。

 

そして、もちろん働き盛りなわたしたちにとっても『噛んで食べる』はとても重要なことなんです!

 

 

噛むことも立派な消化行動!

噛んだ食べるという行為は「人間が意識して行うことができる唯一の消化・吸収行動」であります。

 

 

意識的に胃液を出したり栄養分解できる人はおりません。いたら紹介してください。

 

 

咀嚼(そしゃく)とはただ単に食べ物を細かく砕いているだけではありません。

 

咀嚼によって脳から胃や膵臓などにさまざまな指令が出され、

「あ、これ食べ物くるわ」

と準備を進めることによって、一連の作業をスムーズにこなしてくれるのです。

 

噛まない、咀嚼しないということは、その消化・吸収行動のウォーミングアップの時間を無視していることになるのです。

 

有名な話で、よく噛んでいると満腹中枢からのシグナルが早く出されるので、食べ過ぎも防げるんですね。

 

一石二鳥以上の効果があります。

 

 

 

 

 

 

噛まないことはカッコ悪いこと

しかし最近は、あまり噛まないで済む食べ物が喜ばれる風潮があります。

 

「やわらか〜い」

とか

「溶けちゃいそう」

とか。

 

いやいやちょっと待ってくださいよっと。

 

噛も?もっと噛もうよ?

 

「忙しくて食事時間が取れないから、そういうときはエナジードリンクを食事代わりにしてるんだぜ」

 

とか言われても全然カッコよくありません。

 

そんなことすっかり歯がなくなってしまったご年配の方でも出来ます。

 

もっと固いものを食べましょう。

 

それこそ健康にも良いと言われている、

 

  • ナッツ類
  • 繊維質の多い野菜
  • 赤身の肉
  • 小魚

 

などをよく噛んで食べましょうよ。

 

 

 

ちなみに咀嚼ってかなり消費カロリーが高いそうですよ。

ダイエット効果も期待できるかも・・・♪( ´▽`)