あいまさブログ

なりたて発信者の雑記

『塩分』多めの食事には『カリウム』で対抗せよ!

 

f:id:iMasa:20180815212542j:plain

あいまさです!

 

 

日本人は世界でもトップクラスで『塩分摂取量』が高い民族です。

 

 

塩分の多い食事を続けていると、血圧が上がるし味覚はおかしくなるしでいいことがありません。

 

味噌汁や漬物などもかなりの塩分を含んでいるのです!

 

あんまり食べない方がいいのですが、塩分摂取量が多いからといって「はいそうですか」とすぐに食べるのをやめられないのが日本人、いや人間なのです。

 

 

味噌汁おいしいし、漬物むっちゃ食べますもん。(湿度の多い日本の夏は熱中症予防に梅干しなどの漬物が大活躍しますしね)

 

 

血圧を下げるためには塩分摂取量を減らすこと、そして体重を減らすことなのですが、さらにもう一つ、

 

体内から塩分を排出してくれる食品を食べることもとても効果的だと言われています。

 

わたしたちの身体の細胞内にある体液と、細胞外にある体液は浸透圧で一定の濃度を保っているのです。

 

その仕組みを利用して、カリウムを取ることで細胞内のナトリウムを外に排出することができるのです。

 

もう一つ、カリウムにはコーヒーと同じように「利尿作用」があるため、身体のむくみを取る働きもあるのです!

 

カリウムは基本的に『芋類』に多く含まれています。

  • さといも
  • さつまいも
  • じゃがいも
  • ながいも

 

野菜だと

  • ほうれん草
  • たけのこ
  • とうもろこし
  • はくさい

 

豆類だと

  • えだまめ
  • あずき

 

などに含まれています!

 

「さといも」と「さつまいも」、「ほうれん草」がダントツでカリウムを含んでいるようです!

 

そして有名な『バナナ』

「なんかもうこれカリウムで出来てるんじゃね?」ってくらいの含有量を誇ります。

 

塩分の多い料理がたくさん食卓に並ぶ日本では、塩分摂取量を減らすのは難しいかもしれません。そんな時には、これらのような『カリウム』を含む食品も一緒に食べて、塩分を体外に出すようにしましょう!