あいまさブログ

なりたて発信者の雑記

人に「期待する」って失礼なんじゃないかって思うのです。

f:id:iMasa:20180930091920p:plain

あいまさです!

 

 

人に『期待』するってどうなんだろうと最近考えています。

 

期待とは、ある人が何かをすることをあてにして、心待ちにすること。

 

他人をあてにしているわけです。

 

自己肯定は自分で出来る

確かに聞こえはいいかもしれません。

 

「わたしは期待されている」

 

と思うと、なんだか他者よりも自分が優れていると錯覚します。

 

 

  • 自分には能力がある
  • その能力を評価してもらえている
  • 自分なら何かを成すことができる

 

 

そう思えることは素晴らしいことだと思います。

 

 

でもそれって、他人に期待されなきゃ出来ませんかね?

 

別に期待されなくても出来ることじゃないか、と思うわけです。

 

自己肯定や自己承認を他人に任せるのはとても効率が悪い。自分で自分を評価することが一番効率がいいのです。

 

何か大きなことを成し遂げている方々は、それが出来ています。

他者に認められるよりも、まず自分で自分を認めてあげる技術を身につけているのです。

 

 

勝手に「失望」される

なら他に、『期待』されることにどんなメリットがあるのでしょう?

 

 

わたしにはもうデメリットしか思い浮かびません。

 

そう、『失望』されるのです。

 

『期待』してあてにしていた人が、自分の『期待』にそぐわない結果を出した場合『失望』するのです。

 

『失望』とは望みを失うこと。あてが外れてがっかりすること。

 

 

がっかりされるんです。

 

 

勝手に『期待』されて、勝手に『失望』される。

 

勝手にがっかりされるんです。正直どうかと思います。

 

世の中そんなことばかりですよね。

 

 

企業の新製品に文句を言う人

新しいiPhoneが発売されると、毎年のようにですが

 

「期待していた性能はない。がっかりだよ」

 

みたいなコメントしてる人がいます。

 

いや、何を期待していたんだ?と。

 

「革新的なアイデアを生み出してきたiPhoneが最近は停滞しているな」

 

とかドヤ顔でおっしゃられている方々に、具体的にどんな革新的な機能が付いて欲しいか説明できる人はどのくらいいるんですかね?

 

人間同士でもそれが行われる

人同士もそうです。

 

「この人なら、わたしを幸せにしてくれると期待していたのに」

 

自分の幸せを他人に任せている時点で間違っているし、そもそもあなたはその人を幸せにしてあげようとしたのかも疑問です。

 

 

 

「キミならこの仕事任せられると思ったのだが、期待しすぎたかな」

 

人を機械か何かと間違えていないか?人は調子がいい時もあれば悪い時もあるし、得意不得意だってある。モチベーションによって結果が著しくないときもあるし、毎回のように好成績を出すのは不可能だ。

機械なら別ですけどね。

 

 

期待せずに人を評価してみよう

人は何かに『期待』すると、それ本来の姿が見えなくなってしまいます。

 

なぜなら『期待』はそれ本来の実力以上にそれを見させてしまう錯覚を発生させるから

 

その人本来の姿を評価しないって、とても失礼なことだと思いませんか?

 

「期待せずに生きていく」

 

そんな言葉を聞くと、なんだか寂しいような印象を受けます。

 

 

でもこれは『物事や人間の能力をありのまま受け止める技術』の結果だと思うのです。

 

期待しないで、それ本来の実力を見定めて、その実力に合った価値を受け入れる。

 

 

これは簡単に出来ることではないと思うのです。

だから気がついた時に、コツコツとその価値観を自分の中で積み重ねる必要があると思うのです。

 

そうしてまた気がついた時には、あなたも『それ本来の実力』を見定める技術を習得できているのかもしれません。

 

 

 

人に期待するのは失礼なんじゃないかって思います。

だからわたしも、期待しないように、その人本来の姿を見てあげたいなって思います。